ページ内を移動するためのリンクです

コーヒー

ア行

アラビカ種

商業的に生産されている、コーヒー2大品種のうちのひとつ。世界全体の生産量のうち、およそ70~80%を占める。

アフター ミックス

それぞれのコーヒー豆を最適な方法で焙煎してからブレンドする製法。コーヒー豆の個性を引き出し、バラエティ豊かな味わいが楽しめる。

インスタント コーヒー

コーヒー液から水分を除いて、粉末または顆粒状にしたもので、湯を加えると溶解して再び液体のコーヒーになる。

エスプレッソ

高い圧力をかけてコーヒーを抽出する方法。 自然の浸透圧で抽出するドリップ方式に比べ、少量の豆で効率良くコーヒーを抽出することができる。

カ行

カフェイン

コーヒー、茶などに含まれる有機化合物。さまざまな薬理作用を持つ。

カフェインレス コーヒー

生豆に含まれるカフェインを90%以上除去したコーヒー。単に「デカフェ」と呼ばれることも多い。 欧米では健康上の理由などからカフェインを敬遠したい人々にカフェインレス コーヒーが広く受け入れられており、世界のコーヒー市場の約10%を占めている。

カフェ オレ

コーヒーと温めた(泡立てない)ミルクを同量で合わせるフランス生まれの飲み方。

カフェ フレッド シェケラート

イタリアの夏の人気メニュー。シェーカーを使ってカクテル風に作るアイス コーヒー。

カフェ マッキャート

マッキャートはイタリア語で“シミ”のこと。コーヒーの表面に浮かんだミルクがシミのように見えることから名づけられた、エスプレッソのアレンジ メニュー。

カフェ モカ

深煎りのコーヒーをカップに注ぎ、チョコレート シロップと温めたミルクを加えるメニュー。モカは「コーヒー」の意味で、エチオピアやイエメン産コーヒーのモカとは無関係。

カフェ ラテ

エスプレッソを抽出したところへミルクを入れて作るイタリア生まれのメニューのこと。

カプチーノ

抽出したエスプレッソにスチームド ミルクとホイップド ミルクを注いで作るイタリア生まれのメニュー。修道者がかぶっていた法衣の頭巾(カプチェ)が語源と言われている。

生豆

コーヒーの実を精製加工して得られた、焙煎する前のコーヒーの種子。

キリマンジャロ

タンザニア産のコーヒー豆のこと。

クレマ

エスプレッソの表面に浮かぶ細かい泡のこと。

コロンビア

南米大陸のコーヒー生産国・コロンビアで生産されるコーヒーのこと。すっきりとした酸味、柔らかく上質な味わい。

サ行

シングル オリジン

同じ自然条件を有する単一の産地で出来たコーヒー豆のこと。品質の良い豆は、産地固有の特徴が風味に現れる。サードウェイブと呼ばれる昨今のコーヒー ブームの中で、新しいトレンドとして注目を集めている。

スチーム パイプ

エスプレッソ マシンに付属している、蒸気を吹き出すパイプのこと。

ストレート

特定の産地や農園など、単品のコーヒー豆のこと、もしくはそれを抽出したコーヒー。

スペシャルティ コーヒー

スペシャルティ コーヒーとは非常に高品質なコーヒー生豆のこと。適切な栽培と加工がなされ、欠点がなく、熟度が高い厳選された生豆だけをスペシャルティ コーヒーと呼ぶ。スペシャルティ コーヒーを適切に焙煎し抽出すると、香味が豊かで、口あたりが滑らかで、心地よい余韻が長く続くコーヒーとなる。

タ行

タンパー

エスプレッソを抽出するときに使う道具。ホルダーにコーヒーの粉を圧力をかけながら詰め、水平に押し固める(タンピング)ときに使用する。

デザイン カプチーノ

カプチーノの泡の表面に、コーヒー液やココア パウダーなどを用いてデザインを施したメニュー。

デミタス カップ

エスプレッソを飲むときなどに使用する小容量のカップのこと。

ドリップ

ペーパー フィルターを用いたペーパー ドリップや、布を使ったネル ドリップなど、ろ過しながらコーヒーを抽出すること。

ハ行

バール

イタリアでエスプレッソなどを提供する簡易な喫茶店。

焙煎

コーヒーの生豆を加熱し、香味成分を引き出す作業。ローストともいう。

バリスタ

バールで、エスプレッソを入れる職人のこと。日本では、専門店でコーヒーを提供するスタッフの意味でも使われている。

挽く

焙煎した豆を、抽出に適した粒度(大きさ)に粉砕すること。グラインドともいう。

フォームド ミルク

泡立てたミルクのこと。

深煎り

焙煎を調整(時間を長く、熱量を大きく)することで、熱による豆の化学変化をより進行させること。

ブラジル

世界最大のコーヒー生産国・ブラジルで生産されるコーヒーのこと。酸味・コク・苦味ともにバランスが良い味わい。

ブラック

ミルクやクリームを加えないコーヒーのこと。

フリーズ ドライ製法

インスタント コーヒーの製造方法のひとつ。濃縮したコーヒー液を急速凍結した後、乾燥させる製法。製造時の熱によるダメージが少なく、香味の良いインスタント コーヒーを作る事ができるとされる。

ブルー マウンテン

ジャマイカのブルー マウンテン エリアで栽培、収穫されたコーヒーのこと。日本においては高級コーヒーの代表として名高い。

フレーバー コーヒー

レギュラー コーヒーにチョコレートやナッツなどの香り(フレーバー)を添加したコーヒーのこと。

ブレンド

さまざまなコーヒー豆の特徴をいかし、適した味わいを作るため、割合を決めて混ぜ合わせること。

マ行

マキネッタ

コーヒー抽出器のひとつ。モカ ポットともいう。

マンデリン

インドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種のコーヒーのこと。深いコクと苦味が特徴。

メッシュ

篩(ふるい)の意。

モカ

エチオピア、イエメンで生産されたコーヒーのこと。

ラ行

ラテ マッキャート

カフェ マッキャートにより多くのミルクを加えたメニュー。

ロブスタ種

正式には「カネフォラ種ロブスタ」と言い、アラビカ種と並ぶコーヒー2大品種のうちのひとつ。全世界のコーヒー量の20~30%を占めている。独特の苦味・香りがあり、単品で飲むにはあまり適さないが、エスプレッソ用ブレンドなどに使うことでコクを出すことができる。

片岡物産の各種商品にまつわる用語を五十音順にご紹介いたします。

ページの終わりです