2019年7月

ミシュランガイド2020発表会でクラフトビール

10月7日にロンドンで行われたミシュランガイド英国&アイルランド版2020のお披露目会の場で、約500名の有名シェフやレストラン関係者向けに、食事と一緒に25種類のクラフトビールが提供された。イギリスにある約800のマイクロブルワリーを束ねるSIBA(The Society of Independent Brewers)で最高責任者を務めるCalder氏は、この機会を通して、料理とのマリアージュにおいてビールがワインに一歩も引けを取らないことを証明できればと言う期待を覗かせた。芳醇な味わいや香り、料理と相性が良いという理由から、スコットランドのHarviestoun Brewery、北ロンドンのWild Card Brewery、ダービシャーのThornbridge Breweryやローアルコールビールに特化したBig Drop Breweryなどが選ばれ、シャンパンスタイルのボトルで提供された。
(参照:https://www.thedrinksbusiness.com/2019/09/michelin-guide-2020-siba-plans-to-prove-beer-can-go-toe-to-toe-with-wine-on-food-pairing/